春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 最新情報一覧 > 鹿沼彫刻屋台のヒミツ 『 子宝の玉・願いの叶う玉 』 〜 彫刻屋台と籠彫り 〜 【 屋台のまち中央公園 】
最新情報
鹿沼彫刻屋台のヒミツ 『 子宝の玉・願いの叶う玉 』 〜 彫刻屋台と籠彫り 〜 【 屋台のまち中央公園 】 2017.6.18
 ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財の鹿沼秋まつりに繰出す鹿沼の彫刻屋台には、龍が持つ「玉」の迫力ある彫刻や、獅子が戯れる「毬(まり)」など、「籠彫り」という高度な技法が用いられた彫刻を目にすることができます。「籠彫り」は、木を籠状に彫りぬき、籠の中の木の玉を自在に動くように残すという高度な技術が用いられた技法です。
 今宮神社氏子町の古老によると、昔子宝を授かることを願っていた夫婦がこの籠彫りの玉に触れたのちに、待望の子宝に恵まれたという伝承があるそうです。これは、龍の持つ如意宝珠の彫刻には、「意のままに様々な願いを叶える」という力があると信じられ、獅子が毬を転がしている彫刻は、「物事がうまく転がるように」という意味がこめられています。
 残念ながら現在の鹿沼の彫刻屋台には、一般の方が直接手を触れることができません。しかし、屋台のまち中央公園「彫刻展示館」の入口正面の柱には、鹿沼の彫刻屋台の彫刻を数多く手がけて、鹿沼の名匠にも認定されている彫工、黒崎孝雄氏の大きな彫刻が展示されています。
 ここでは、彫刻の立体感や細かな部分をよく知っていただくため、直接手で触れることができるようになっていますが、この躍動感のある彫刻は、龍が籠彫りの玉を持つ珍しい作品で、彫刻屋台の籠彫りとまったく同じ技法で木(イチョウの木)を刳り貫いて彫り上げられています。

施設名: 屋台のまち中央公園 彫刻屋台展示館
入館料: 一般 200円、高校生・大学生 150円、小・中学生 100円
住 所: 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1
休園日:月曜(祝日を除く)・祝日の翌日・年末年始
お問合せ: 鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園内)電話 0289-60-6070

▼ 鹿沼彫刻屋台のヒミツ 〜彫刻屋台と籠彫り〜 
  ↓ ↓ ↓  【 詳細の文章 】  ( PDF )
http://www.kanuma-kanko.jp/kyoukai/29.6ry.pdf

― 屋台のまち中央公園のHP ―
http://www.kanuma-kanko.jp/miru/culture_details1.shtml
★ 鹿沼秋まつりのHP {10月7日(土)・8日(日)開催}
http://www.kanuma-kanko.jp/news_details.shtml?1495:4

● アクセスや地図について
( アクセス )
JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅より徒歩20分
JR鹿沼駅よりリーバス(市バス)で4分[久保町下車]
東武新鹿沼駅よりリーバス(市バス)で8分[久保町下車]
東北道鹿沼インターより車で約15分
>>一覧へ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)

まちの駅 新・鹿沼宿
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507