春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
総評
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 最新情報一覧
最新情報
[第7回] 古峯ヶ原高原トレイルラン 〜 天狗舞う修験者の道を走ってみませんか 〜 2018年9月22日(土) 開催 2018.5.13
大会日(開催日): 平成30年9月22日(土)
受付時間: 午前6時30分〜7時30分
ミドルコース: 午前8時スタート
ショートコース: 午前9時スタート

< 受付・開会式・表彰式の会場 >
古峯神社駐車場 住所:栃木県鹿沼市草久3027

ミドルコース(約40キロ):古峯神社→三枚石→横根高原→山の神→横根高原→巴の宿→古峯ヶ原高原→行者沼→ハガタテ平 →古峯神社駐車場
ショートコース(約17キロ):古峯神社→三枚石→古峯ヶ原高原→巴の宿→行者沼→ハガタテ平→古峯神社駐車場

参加定員:ミドル200名、ショート100名 (定員になり次第締め切ります)
参加資格:18歳以上(健康で山を走りきれる人)※ 但し、ミドルコースへの参加は20キロ以上のトレイルランレース経験のある方に限ります。
表彰:男女別に上位6位まで表彰(副賞は鹿沼市の特産物)、参加賞(オリジナルデザインタオル)、特別賞あり
参加料:ミドル8,000円、ショート4,500円 (記念品・保険代等)
★ 申込期間:平成30年5月1日から7月31日まで(定員になり次第締め切ります。)

● 古峯ヶ原高原トレイルラン公式HP
 ↓ ↓ 【 お申込みやコース等の詳細 】
https://kobugaharatrail2017.jimdo.com/

主催 古峯ヶ原高原トレイルラン実行委員会・古峯ヶ原観光協会
お問合せ先:古峯ヶ原高原トレイルラン大会事務局
【西大芦コミュニティセンター内 電話:0289-63-8316(担当:向田)】
土曜・日曜・祝日・平日17時以降は大貫氏の個人の携帯 090-7736-2017 ※おかけ間違いの無いようご注意願います。
Eメール kobugaharatrail2017@yahoo.co.jp

◆ 当日の「受付会場の地図」や「路線バスの時刻表」や「過去の様子」はこちらから
  ↓ ↓ ↓
詳細はこちら>>
拡大: 800x535  1024x685
鹿沼秋まつり [ ユネスコ無形文化遺産 ・ 国指定重要無形民俗文化財 ] 2018年10月6日(土)・7日(日) 2018.6.25
◆ 鹿沼秋まつり実行委員会の公式HP
http://www.buttsuke.com/

 江戸時代の祭の伝統と粋を今に受け継ぐ、ユネスコ無形文化遺産の「鹿沼秋まつり」が、市制施行70周年を記念し、27台すべての彫刻屋台が繰り出して盛大に開催されます。2日間とも、動く陽明門ともいわれる絢爛豪華な彫刻屋台27台が、鹿沼の街を勇壮に練り歩きます。
 初日(土曜)は氏子町内の27台の彫刻屋台が、今宮神社への「繰り込み」・「繰り出し」を行います(繰り込み:お昼12時30分頃〜 繰り出し:午後5時頃〜)。
 2日目(日曜)は午前10時頃から「マーチングバンド」や「みこし」などの『市民パレード・スポット演技』が行われた後、午後2時頃より27台の彫刻屋台が4組に分かれ、4か所の交差点からそれぞれに出発し、古峯原宮通り(通称お祭りロード)に集結する『屋台揃い曳き』が行われます。
 見所は彫刻屋台(3台〜7台)が交差点などで披露する「ぶっつけ」と呼ばれるお囃子の競演です。その激しいお囃子の競演は圧巻です。2日間とも勇壮な「ぶっつけ」のお囃子の音色が、夜まで響き渡ります。
 ※「鹿沼秋まつり」は、全国にある33件の国指定重要無形民俗文化財のお祭りと共に、昨年の2016年12月に、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。今年も、屋台全面に彫刻を配した華麗で勇壮な彫刻屋台の行き交う、伝統の時代絵巻をお楽しみ下さい。

名 称:鹿沼秋まつり 「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」
開催日時:平成30年10月6日(土)・7日(日) 2日間とも午前10時〜午後9時 [雨天決行]
場 所:鹿沼市街(今宮神社周辺)
問合せ:鹿沼秋まつり実行委員会事務局
(鹿沼市観光交流課内)TEL0289−63−2303

★ 「アクセス」や「過去の様子」等はこちらから
◎ ユネスコ無形文化遺産の登録決定について
 ↓ ↓ ↓
詳細はこちら>>
拡大: 574x800  734x1024
2018(第15回) 鹿沼市再発見観光写真コンクール 作品募集  2018.4.11
◎ 題 材:鹿沼の自然景観、名所旧跡、街並み、産業、年中行事、伝統行事、伝統工芸、生活、イベントなど。鹿沼市をより広くPRするための観光写真を大募集します。
◎ 応募受付期間:平成30年11月1日(木)〜
平成30年12月27日(木)必着
◆ 応募料 1点 500円 ( 1人 5点まで )
◆ 四つ切りプリント ( ※ ワイド可 )
◎ 応募先:鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園)又は栃木県カメラ商組合加盟各店
◎ 審査発表:平成31年2月中旬頃
(主催) 鹿沼市 鹿沼市観光物産協会 鹿沼秋まつり実行委員会
(問合せ)鹿沼市観光物産協会 TEL0289-60-6070 
Eメール main@kanuma-kanko.jp
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1-1870-1
(屋台のまち中央公園内)
◎ 休園日:月曜(祝日を除く)・祝日の翌日・年末年始(12月28日〜1月4日)

2018鹿沼市再発見観光写真コンクール募集チラシ
 ▼ ▼ ▼ { 詳細はこちらから(PDFデータ) }
http://www.kanuma-kanko.jp/pdf/photo_boshu.pdf

― 過去の入賞作品 ( 第6回 〜 第14回 ) ―
http://www.kanuma-kanko.jp/contest/index.shtml

※上部の写真は、栃木県宇都宮市在住の「富永 明」氏の作品です{2017(第14回)鹿沼市再発見観光写真コンクール入賞作品}。 賞名:推薦 鹿沼市長賞 題名:祭りの華 屋台一斉きりん 撮影場所:古峯原宮通り(お祭りロード) 撮影日:平成29年10月8日

・鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園)の場所はこちらから
詳細はこちら>>
拡大: 800x552  1024x706
鹿沼彫刻屋台のヒミツ 『 子宝の玉・願いの叶う玉 』 〜 彫刻屋台と籠彫り 〜 【 屋台のまち中央公園 】 2017.6.18
 ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財の鹿沼秋まつりに繰出す鹿沼の彫刻屋台には、龍が持つ「玉」の迫力ある彫刻や、獅子が戯れる「毬(まり)」など、「籠彫り」という高度な技法が用いられた彫刻を目にすることができます。「籠彫り」は、木を籠状に彫りぬき、籠の中の木の玉を自在に動くように残すという高度な技術が用いられた技法です。
 今宮神社氏子町の古老によると、昔子宝を授かることを願っていた夫婦がこの籠彫りの玉に触れたのちに、待望の子宝に恵まれたという伝承があるそうです。これは、龍の持つ如意宝珠の彫刻には、「意のままに様々な願いを叶える」という力があると信じられ、獅子が毬を転がしている彫刻は、「物事がうまく転がるように」という意味がこめられています。
 残念ながら現在の鹿沼の彫刻屋台には、一般の方が直接手を触れることができません。しかし、屋台のまち中央公園「彫刻展示館」の入口正面の柱には、鹿沼の彫刻屋台の彫刻を数多く手がけて、鹿沼の名匠にも認定されている彫工、黒崎孝雄氏の大きな彫刻が展示されています。
 ここでは、彫刻の立体感や細かな部分をよく知っていただくため、直接手で触れることができるようになっていますが、この躍動感のある彫刻は、龍が籠彫りの玉を持つ珍しい作品で、彫刻屋台の籠彫りとまったく同じ技法で木(イチョウの木)を刳り貫いて彫り上げられています。

施設名: 屋台のまち中央公園 彫刻屋台展示館
入館料: 一般 200円、高校生・大学生 150円、小・中学生 100円
住 所: 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1
休園日:月曜(祝日を除く)・祝日の翌日・年末年始
お問合せ: 鹿沼市観光物産協会(屋台のまち中央公園内)電話 0289-60-6070

▼ 鹿沼彫刻屋台のヒミツ 〜彫刻屋台と籠彫り〜 
  ↓ ↓ ↓  【 詳細の文章 】  ( PDF )
http://www.kanuma-kanko.jp/kyoukai/29.6ry.pdf

― 屋台のまち中央公園のHP ―
http://www.kanuma-kanko.jp/miru/culture_details1.shtml
★ 鹿沼秋まつりのHP {10月7日(土)・8日(日)開催}
http://www.kanuma-kanko.jp/news_details.shtml?1495:4

● アクセスや地図について
詳細はこちら>>
拡大: 800x565  1024x724
〜 公共交通で巡るちょい旅ガイド 〜 < 県央地域公共交通利活用促進協議会 > 2017.11.9
 県央地域公共交通利活用促進協議会では、栃木県の県央地域(3市5町)の公共交通の利用促進を図るため、公共交通に関する情報や鉄道やバスで周遊する観光の「おすすめコース」などをホームページで紹介しています。
 ぜひ、鉄道やバスでお出掛けしてみませんか。

■ 県央地域公共交通利活用促進協議会 HP
 ↓ ↓ ( マップ等はこちらから )
http://tochigi-pubtranet.com/23.html

▼ おすすめのコース 一覧 (1〜7コース)
http://tochigi-pubtranet.com/9.html

― 協議会の紹介 ―
 県央地域公共交通利活用促進協議会は、県央地域の公共交通の利便性の向上と利用促進のため、3市5町の住民代表、交通事業者および行政が連携して、現在の公共交通の課題への対応策や、将来的な公共交通の充実に向けた方策を検討しているほか、広報啓発活動やマイカー利用者の意識啓発などに取り組んでいます。
☆ 構成市町:宇都宮市、鹿沼市、真岡市、(芳賀郡)芳賀町、市貝町、益子町、茂木町、(塩谷郡) 高根沢町
詳細はこちら>>
拡大: 680x475  680x475
新しい記事へ バックナンバー
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼の観光のことなら まちの駅 新・鹿沼宿(年中無休)
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507

鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)