鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま かぬマニア情報 mark 生子神社 日の出祭り[1/14]

樅山町の鎮守、生子(いきこ)神社の例祭は1月と9月にあり、9月の例祭では「泣き相撲」が行われます。
「日の出祭り」は1月の例祭で、かつては早朝、日の出を待って行われたのでこの名がついたといわれます。
現在は毎年1月中旬の日曜日に行われており、氏子一同が神社に参集し、「神事(献饌祭)」を行った後、「弓取り式」の行事となります。
「献饌祭(けんせんさい)」は、天正8年(1580)天然痘で我が子を亡くした氏子が、42種の供物を神前に供えて蘇生を願ったという「生子大明神」の由来である故事に始まるものと伝えられます。
また「弓取り式」は、魔除けや豊作を祈願する破魔弓の神事で、大蛇の目に見立てた金銀の紙を貼った的をつくり、7歳の男子がこれを射て、5歳の男子が矢を引き抜くもので、古代の太陽信仰にも起源があるといわれるものです。
【鹿沼市指定無形民俗文化財】

開催日:平成30年1月14日(日)
[ タイムスケジュール (目安) ]
午前8:00〜8:30 神事(献饌祭)
午前8:30〜9:00 弓取り式
10:00〜11:00・14:00〜15:00上殿太々神楽の奉納
会場:栃木県鹿沼市樅山町1167「生子神社」
問合せ:鹿沼市文化財係(電話)0289-62-1172
鹿沼市観光物産協会[まちの駅 新・鹿沼宿内](電話)0289-60-2507【道案内】

●アクセスや上殿太々神楽などについて
[アクセス]
東武日光線樅山駅より徒歩12分
東武日光線新鹿沼駅(特急スペーシア停車駅)よりタクシーで10分

「JR鹿沼駅」より、『リーバス 口粟野線』で18分「生子神社入口」下車のち徒歩8分
「東武新鹿沼駅」より、『リーバス 口粟野線』で6分「生子神社入口」下車のち徒歩8分

― リーバス時刻表 【 口粟野線 】 ―
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/manage/contents/upload/57f35bbab96b3.pdf
― 口粟野線の路線図 ―
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/manage/contents/upload/57f35bcd56fd7.pdf

車:東北自動車道鹿沼インターより15分

駐車場:50台【生子神社の駐車場入口は、大変狭いのでお気をつけください。】

地図はこちら
ライン
<<戻る
リンク部ライン
>>かぬマニア情報一覧<<
>>イベント情報一覧<<
>>施設案内<<
鹿沼市観光物産協会