鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま 施設案内 【見る】 神社・仏閣 mark 東高野山 医王寺

東高野山 医王寺

千三百年の歴史と三万坪の清浄界があります

日光開山勝道上人により765年に創建され、弘法大師ゆかりの寺「東高野山」と呼ばれています。広大な境内(3万坪)には金堂・唐門・弘法大師堂・講堂・客殿など、壮大な建物が立ち並んでいます。中でも絢爛な彫刻で飾られた唐門が参拝のポイントです。また、27件にも及ぶ県指定重要文化財が収蔵されています。

医王寺唐門(県指定重要文化財)
四脚門、朝殻葺入母屋造りで、正面の唐破風がたいへん華麗です。宝暦3年(1753年)の造立で、細部の手法は、地紋彫・ふぐら彫など、日光東照宮陽明門の写しとして知られています。

医王寺金堂(県指定重要文化財)
寛文5年(1665年)に再建され、桁行五間梁間四間で正面に向拝一間を設けています。屋根は茅葺の寄棟造りで、その高さは20m余りになります。内部は内・外陣に分れており、内陣には入母屋造りの立派な宮殿を配し、薬師如来三尊像が安置されています。内外とも塗装・彩色が施され、真言密教の中心たる壮麗な大伽藍になっています。

☆年間行事
2月3日以前の日曜日 節分会(せつぶんえ)
5月3日 花まつり
施設データ
住所:
〒322-0301 鹿沼市北半田1250
お問い合わせ:
0289-75-2399
FAX:
0289-75-2938
交通:
バス:
東武日光線東武金崎駅より、リーバス東武金崎駅線「医王寺」(約10分)下車徒歩3分
車:
東北自動車道鹿沼I.Cから15分
東武日光線東武新鹿沼駅からタクシー15分
駐車場:
普通車150台 大型車30台

地図はこちら
ライン
<<戻る
リンク部ライン
>>かぬマニア情報一覧<<
>>イベント情報一覧<<
>>施設案内<<
鹿沼市観光物産協会