鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま 施設案内 【見る】 文化・伝統 mark 千葉省三記念館

千葉省三記念館

南押原児童館で無料休憩が可能。
児童文学作家千葉省三生誕百年を記念して、家族から寄贈された省三の遺品、著書、年表、写真等を陳列した記念館で児童文学に関心のある方は必見の価値があります。

[見所]千葉省三作品全部・愛用の遺品等

千葉省三記念館は、通称栃木・鹿沼街道の楡木町(日光例幣使街道の宿場町)の中程にあった元南押原村役場跡に、千葉省三の生誕百年を迎え、省三の父亀五郎が寄宿していたことのある楡木町の素封家、福島家の当主である福島文雄が省三の偉大な足跡を永遠に記念するため、私財を投じて、南押原児童館に併設(平成5年4月1日)した記念館です。
收藏されているものは、鹿沼市教育委員会の協力により省三の童話文学のほぼ全作品と日常使用していた文机、文箱、火鉢、万年筆、帽子、着用した衣類、ステッキ、写真、原稿の一部等が陳列されています。
施設データ
住所:
〒322-0526 鹿沼市楡木町492-2 (南押原児童館内)
お問い合わせ:
0289-75-1614
交通:
東武日光線楡木駅から徒歩5分
バス:リーバス「南押原線」
東武日光線新鹿沼駅から15分「楡木町公民館前」下車徒歩3分
車:東北自動車道鹿沼I.Cから10分
駐車場:

料金:
無料
時間:
8:30〜17:00 (約15分で見学)
※見学希望の方は、南押原児童館へ申し出て下さい。
休み:
日曜日・祭日・年末年始

地図はこちら
ライン
<<戻る
リンク部ライン
>>かぬマニア情報一覧<<
>>イベント情報一覧<<
>>施設案内<<
鹿沼市観光物産協会