鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま イベント情報 mark 花市

花市

平安後期に定期的に開かれていた市が始まりで当初は、今宮神社の境内で、正月12日に初買日として開かれ、「初市」ともいわれました。
神社の拝殿に「市神社」が安置され、1年の商売繁盛、家内安全、健康祈願を参拝しましたが、年々「市」が盛んになるにつれ、境内だけでなく参道にまで露店が出るようになり、販売の品物も縁起物、植木、食物、雑貨などに変わり、「市」の呼び名も「花市」と言われるようになりました。
車の往来が増えたため、昭和48年からは場所を末広通りに移して開催しています。

まめ情報:
ダルマやお飾りなどの縁起物、福寿草・洋ランなどの植木、食べ物などの露天商約500店が軒を連ねるが、飲食店が半数以上を占めています。 例年の人出は約12万人でピークは夕方です。
主催:鹿沼露天商組合
イベントデータ
開催日:
1月第4土曜日(雨天順延) 10:00〜21:00
住所:
末広通り周辺
(鹿沼市中心部の福田屋百貨店から鹿沼高校までの約1.5km)
お問い合わせ:
0289-60-2507 鹿沼市観光物産協会
交通:
東武日光線新鹿沼駅から徒歩10分
JR日光線鹿沼駅から徒歩15分
車:東北自動車道鹿沼I.Cから15分(約8km)

地図はこちら
ライン
<<戻る
リンク部ライン
>>かぬマニア情報一覧<<
>>イベント情報一覧<<
>>施設案内<<
鹿沼市観光物産協会