春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 見る 神社・仏閣
見る 神社・仏閣
古峯神社
大芦川の源流に近い緑なす渓間、優美を醸す山麓に鎮まる古峯神社はご祭神に日本武尊をいただく由緒深い神社です。
日本武尊のご神徳は、開運、火防をはじめ、海上守護、五穀豊穣、交通安全、営業繁栄、身体健全など、あらゆる心願成就をみちびく神として、敬虔な信仰を集めています。
ご祭神のお使いである天狗は飛翔して崇敬者にふりかかる災厄を除災するという古くからの信仰を集めており、天狗の宿として広く根深い信仰圏をもっています。
▲このページのトップへ
金剛山 瑞峯寺
北関東三十六不動尊霊場 第十七番札所

金剛山瑞峯寺は、日光を開山した勝道上人が修行したといわれる古峯原“奥の院”「三昧岩(三枚石)」を御神体とし、金剛童子・不動明王を奉っているお寺です。不動明王は、火難・盗難などあらゆる災いを未然に振り払う仏様として、関東一円をはじめ、東北地方からも多くの信仰を集めています。
▲このページのトップへ
加蘇山神社
鹿沼市上久我石裂山に鎮座、神護景雲元年に勝道上人が開山したといわれている由緒ある古社で、磐裂命、根裂命、武甕槌男命の三柱の神を祀り、五穀守護武勇の神として知られている。陽成天皇元慶2年下野玉加蘇山神に従五位以下の位階を賜わると三代実録に記載してある。社田300歩て神供物の料となし5人の神官に依り常に奉仕せり承応年門一品公親王宮日光入山折当社に大工社殿を修飾して世襲の神官を置く。明治10年6月近郷21ヶ村の郷社に列せられ、大正4年県社に昇格せられ、当社の境内坪数64万4千7百54坪。
▲このページのトップへ
今宮神社
天文元年(1532年)、御殿山に鹿沼城を築いた壬生綱房が、天文3年(1534年)に社殿を創建し、御所森(現北小学校裏庭)より日光二荒の大神を移し、今宮権現と称して城の鎮守としました。
壬生氏滅亡後は慶長13年(1608年)に鹿沼宿の氏神として再建されました。
毎年10月には、絢爛豪華な彫刻屋台が繰り出す秋祭りが行われます。
▲このページのトップへ
清林寺
高さ16mの釈迦像と牡丹が咲き誇るお寺として知られています。牡丹は、奈良県長谷寺の牡丹の苗木をゆずりうけ境内に700本を植栽したもので4月下旬から5月上旬頃が見頃。牡丹の種類は約40種で、長谷寺の140種の中の良いものだけを植栽したものです。
咲き始めると白をはじめ黒と称する紫の濃い色のものまで大体一度に咲き出し花の香りにむせかえる様です。
▲このページのトップへ
賀蘇山神社
日本三代実録(六国史)元慶2年(878年)に従五位下の神階を賜った国史現在社です。御祭神は、「天之御中主神」・「武甕槌命」・「月読命」で、古くより、尾鑿山(おざくさん)と呼ばれ親しまれており、尾鑿山山頂の奥宮の位置する峻厳な雄姿を象った御神威「黒だるま」の社として、家内安全、交通安全、産業・商売繁昌、医薬長寿を祈願する人々から篤く信仰されています。賀蘇山神社遥拝殿は、元禄14年(1701年)に建立された総けやき造りの社殿で、唐獅子や竜などが刻まれています。
▲このページのトップへ
常楽寺(録事尊)
建久元年(1190年)に没した名医中野智元(録事法眼)を祭ったお寺です。
中野智元は、娘の病気の原因を究明するため、日本で初めて解剖を行ったといわれています。その後、後鳥羽上皇の病気を治癒させた功により、“録事法眼”の名を賜りました。
こうして名医として有名になった智元のところに訪れた雷神様の病気をお灸をすえて治したといわれ、雷除けのお寺としても知られています。
▲このページのトップへ
東高野山 医王寺
千三百年の歴史と三万坪の清浄界があります

日光開山勝道上人により765年に創建され、弘法大師ゆかりの寺「東高野山」と呼ばれています。広大な境内(3万坪)には金堂・唐門・弘法大師堂・講堂・客殿など、壮大な建物が立ち並んでいます。中でも絢爛な彫刻で飾られた唐門が参拝のポイントです。また、27件にも及ぶ県指定重要文化財が収蔵されています。
▲このページのトップへ
廣濟寺
天台宗の寺院で、一品親王烏丸大納言広済(室町末頃)の創建といわれています。 本堂に祀られた善光寺式「銅像 阿弥陀三尊像」は鎌倉時代の作で、三尊がーつの大きな光背を背負う一光三尊形式であったと思われますが、現在光背は失われています。 また、境内のお堂には円空{寛永9年(1632年)〜元禄8年(1695年)}作の「木造 千手観音菩薩立像」が祀られています。二つ割りした丸太の半円状の側に彫刻したもので、踏割り蓮華座に立つ左右対称に近い立像です。微笑をたたえた表情は、円空仏の特徴をよくあらわしています。化仏や脇手の持ち物など細部にいたるまで、円空独特の表現力豊かな鉈彫の技法が冴えた像で、天和2年(1682)の作です。
▲このページのトップへ
御嶽山神社
ご祭神は、国之常立神(くにのとこたちのかみ)。弘仁三辰年(812年)に空海上人が開山したと伝えられ、三峯山大神・御嶽山大神が祭られています。長野県木曽御嶽山の信仰をひき、関東一円に多くの信者がいます。
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)

まちの駅 新・鹿沼宿
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507