春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 学ぶ 鹿沼の彫刻屋台 > 東末広町 (ひがしすえひろちょう)
学ぶ 鹿沼の彫刻屋台
東末広町 (ひがしすえひろちょう) 白木彫刻白木造屋台
東末広町は、明治・大正・昭和と東方に発展していった末広町のうち、その東部が昭和6年に分離独立した町内である。
戦後3回ほど、旧今市(文挟など)の屋台を借り、今宮神社の付け祭に参加していたが、車軸が故障したり、借り屋台では経費がかさむ事が問題となり、屋台を新造することになった。
昭和57年に製作され、大工は町内の元野勝三・五郎兄弟と日吉町の宇賀神久男である。
銀座一丁目屋台の構造・係数を参考として建造された。
平成10年には宇都宮市の辻幹雄により彫刻の製作が開始され、鬼板(おにいた)と懸魚(げぎょ)が完成した。
波が特徴の彫刻で荒波から、竜が天に昇る様子を描いた彫刻である。
平成12年には旧今市市(現日光市)の菅沼保の製作で、牡丹の背景に「獅子の子」落としの図がある、脇障子と方立(ほうだて)が完成した。
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)

まちの駅 新・鹿沼宿
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507