春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 学ぶ 鹿沼の彫刻屋台 > 寺町(てらまち)
学ぶ 鹿沼の彫刻屋台
寺町(てらまち) 白木彫刻白木造屋台
亀の彫物で有名な通称「亀の子屋台」は、明治40年3月の大火で類焼してしまった。
その後大正6年には市内大芦から、大正10年には文挟(現今市市)から屋台を借りるなどして、今宮神社の付け祭に参加してきた。
昭和3年、御大典を記念して古い屋台を模した新しい屋台が造られた。大工棟梁は自町の宮大工半貫金太郎で、建造に加わったその子文太郎は、蓬莱町などの屋台も造ることになる。
花屋台として今宮神社の付け祭に参加していたが、戦後2回ほど助谷(現壬生町)の天棚彫物を借りて、彫刻屋台のかたちをとったこともあった。
その後、鹿沼在住の彫刻家東山玉秀こと山口忠志に彫物を依頼、昭和53年に現在の白木造彫刻屋台が出来上がった。
見どころは欄間の「竜」である。平成14年には、文化庁の助成にて高欄の修復が完了した。
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼の観光のことなら まちの駅 新・鹿沼宿(年中無休)
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507

鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)