春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
かぬま和牛振興会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 学ぶ 鹿沼の彫刻屋台 > 石橋町(いしばしちょう)
学ぶ 鹿沼の彫刻屋台
石橋町(いしばしちょう) 彩色彫刻黒漆塗屋台
この屋台は文化9年(1812)頃の製作と考えられている。
当初の彫物は鬼板(おにいた)・懸魚(げぎょ)・琵琶板などにとどまり、その後安政(〜1860)にかけて、脇障子・内欄間・高欄下(こうらんした)・車隠しなどの彫物が作られ、彩色彫刻塗屋台の体裁を整えていった。
安政期の彫師は菊彫の名手、市内上久我の神山政五郎(菊政)との伝承がある。
大正3年には、鬼板の下に「錦鶏鳥」をつけ加え、外欄間を彫物に換えた。
さらに大正15年にかけ、政五郎の弟子で今市瀬川の大出常吉親子により、琵琶板・後ろ障子・障子回りなどの新造と全体の補修・塗替えがされた。
外欄間・障子回りなどは「菊」の彫物で埋め尽くされ、鬼板の「錦鶏鳥」や全面に「小鳥」を配して、現在見られる鹿沼一華麗な屋台に仕上げられている。
県・市の助成にて平成4年に全面改修が完了し、平成8年には車輪が新調された。
(昭和61年市指定有形文化財)
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼の観光のことなら まちの駅 新・鹿沼宿(年中無休)
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507

鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)