春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
焼肉のまちかぬま協賛会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 学ぶ 鹿沼の彫刻屋台
学ぶ 鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市には、鹿沼の秋祭りに繰り出される今宮神社氏子町の屋台が27台あり、これ以外にも、楡木町(にれぎまち)に3台(うち1台は山車)、上大久保(かみおおおくぼ)に1台、口栗野神社大祭に繰り出される7台を含め、計38台の屋台が現存しています。
鹿沼の屋台は、江戸の屋台の系統を引く「踊り屋台」から発展したものと考えられ、その構造は、唐破風(からはふ)の屋根を載せた単層館型(たんそうやかたがた)で、四輪を内車式に付けたものです。屋台本来の機能は氏神へ奉納する芝居や踊りのための移動舞台ですが、現在では囃子方(はやしかた)が屋台の中に乗り、演奏する構造となっています。
鹿沼の屋台の最大の特徴は、日光山社寺の豪華な彫刻の影響からか、全面が豪壮な彫刻によって飾られている点で、江戸時代に建造された13台と当時の彫刻を付ける1台、合わせて14台が市の有形文化財に指定されています。
彫刻屋台 下記のリストからご覧になりたい項目をクリックしてください。
屋台の歴史 -木工の町、鹿沼の象徴とも言うべき屋台の歴史をご紹介します-
屋台の構造 -鹿沼市が誇る、絢爛豪華な彫刻屋台の構造をご説明します-
鹿沼の彫刻屋台(全38台)
今宮神社氏子町の屋台
上組
下組
田町下組
田町上組
久保町
銀座二丁目
天神町
上材木町
戸張町
泉町
御成橋町
仲町
麻苧町
石橋町
下材木町
寺町
蓬莱町
鳥居跡町
中田町
下田町
下横町
銀座一丁目
末広町
東末広町
上田町
文化橋町
朝日町
府中町
府所町
府所本町
上野町
その他の屋台
楡木町(3台)
上大久保(1台)
口栗野神社(7台)
 
屋台の種類
鹿沼の古くからの彫刻屋台は、漆塗(うるしぬり)や彩色(さいしき)の有無によって、概ね次の種類に大別されます。
■彩色彫刻漆塗屋台(さいしきちょうこくうるしぬりやたい)(7台)
車体は黒漆塗(くろうるしぬり)、錺(かざり)金具付きで、彩色された彫刻を付けた屋台。
■白木彫刻漆塗屋台(しらきちょうこくうるしぬりやたい)(1台)
車体は黒漆塗、錺金具付きで、白木のままの彫刻を付けた屋台。
■白木彫刻白木造屋台(しらきちょうこくしらきづくりやたい)(19台)
車体も彫刻も白木で造られた屋台。
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)

まちの駅 新・鹿沼宿
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507