春花秋燈 鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま
ホーム 最新情報 アクセス 観光マップ お役立ちリンク お問い合わせ
見る
文化・伝統
神社・仏閣
祭り・イベント
季節の花・紅葉情報
まちの駅 新・鹿沼宿
学ぶ
鹿沼秋まつり
秋祭りのあらまし
鹿沼の彫刻屋台
鹿沼市の文化財
遊ぶ
レジャー
登山・ハイキング
河川・ヤナ
釣堀
観光農園
ゴルフ場
まちの駅 新・鹿沼宿
泊まる・休む
宿泊施設
温泉
まちの駅
食べる・買う
鹿沼のおすすめ店
焼肉のまちかぬま協賛会
鹿沼そば振興会
かぬまブランド
かぬまiタウン
まちの駅 新・鹿沼宿
観光写真募集
鹿沼の観光写真募集
入賞作品
Get ADOBE READER
「PDFファイル」をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
栃木県鹿沼市
鹿沼商工会議所
粟野商工会
かぬま観光ボランティア 鹿の会
鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
「ブラたん」と「今宮さつき」のかぬまブランド散歩録
鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま モバイルサイト
Facebook
トップ > 秋祭りのあらまし
学ぶ 秋祭りのあらまし
秋祭りのあらまし

戦国の世が過ぎ、一時荒廃していた鹿沼宿は、慶長13年(1608年)3月、今宮神社の再建を機に復興が始まりました。この年は日照りが続き大旱魃(かんばつ)であったので、氏子や近郷の人びとが今宮神社に集まり雨乞いの祭りを三日三晩続けたところ、霊験あらたかに激しい雷雨がおこりました。そして、雨のあがった6月19日(旧暦)を宵祭り、翌20日を例祭とすることになったのが、今宮の祭りの始まりといわれています。

今宮神社の例祭日は、明治に入り新暦7月20日、大正に9月10日、昭和23年から市制施行日にあわせて10月10日と推移しましたが、平成9年から10月体育の日前の土曜日を宵祭り、続く日曜日を例祭日としました。

付け祭りは、最初は簡単な「踊り屋台」で各町内が踊りと狂言を競い合い奉納したものです。文政の改革(1827年)天保の改革(1841年)にて、華美な風俗が禁止されると、各町内は競って屋台の全面を彫刻で飾るようになりました。江戸末期には、付け祭りの主流は彫刻屋台に移行し、祭りの見せ場は今宮神社への屋台の繰り込みと繰り出しになりました。神輿巡幸は、明治15年(1882年)に、旧来の諸行事執行を時勢に合わせて手直しを加え、今宮祭典議定書を制定し現在の形ができあがりました。

 「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」は、鹿沼の庶民階級の素晴らしいエネルギーを今に伝え、古習を伝承した最高の祭りといえるでしょう。

この行事は、華麗な彫刻で飾られた囃子屋台が巡行するもので、全国的な比較の観点からも貴重な行事であるとして、平成15年2月20日に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

お祭りが終わるまで(スケジュール)
鹿沼の秋祭りは、毎年10月体育の日前の土・日曜日に行われますが、7月20日からその準備が始まります。
7月20日 一番町の引継式・縁故祭(えんこさい)・上殿(かみどの)太々(だいだい)神楽(かぐら)の奉納
7月下旬 一番町引き受けのあいさつ回り
8月下旬 囃子方(はやしかた)への依頼
9月上旬の佳日 ぶっつけ(仮屋台の繰り込み)・奉告祭(ほうこくさい)
お祭り前日
(金曜日)
屋台の組み立て・会所づくり
お祭り初日 (10月体育の日前の土曜日)

早朝、各町は今宮神社への朝参り

手水(てみず)・修祓(しゅばつ)の後、拝殿において例祭典

各町の屋台が神社に向けて出発

各屋台が神社参道に集結

午後、屋台の繰り込み開始

全屋台繰り込み終了後、奉告祭(ほうこくさい)

夕刻、屋台提灯への灯入れとともに、お囃子の競演開始

午後6時、一番町屋台の繰り出し

手打式(てうちしき)

二番町から順に全屋台の繰り出し

各組・各町の申し合わせによる「ぶっつけ」
お祭り2日目 (続く日曜日)

神輿(みこし)への遷霊(せんれい)

午前9時 御巡幸(ごじゅんこう)の開始

境内神楽殿では上殿太々神楽(かみどのだいだいかぐら)の奉納

午後、市街地中央で屋台総出のパレード
お祭り終了後 (月曜日)

各町では、屋台の解体、収納と会所などの片付け
お祭りアラカルト
繰り込みの順番
祭囃子(まつりばやし)
手古舞(てこまい)
ぶっつけ
テコ回し(てこまわし)
▲このページのトップへ
ホーム新着情報アクセス観光マップお役立ちリンクお問い合わせ
鹿沼市観光物産協会
〒322-0052 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870-1 TEL:0289-60-6070 FAX:0289-62-5666
(屋台のまち中央公園内)

まちの駅 新・鹿沼宿
〒322-0053 栃木県鹿沼市仲町1604-1 TEL:0289-60-2507 FAX:0289-60-1507